中古トラクターでも問題なく買取を行なうことが出来ます

お得に作業機を探す方法

探しやすい理由について

畑

初めてトラクターを購入するときには中古トラクターを購入するといった方法もあります。トラクターの場合はアタッチメントを利用することによって様々な用途(ロータリーからあぜぬり機など)を使用することができるので、まずは自分がどの用途で利用したいのかを確認しておく必要があるでしょう。また耕すものによって(米や野菜)三点リングのアタッチメントにする必要があったり、高い馬力のトラクターが必要になったりするので、そちらも中古トラクターを探す上では重要になります。そして耕作する土質によっては馬力も必要になるので、周りの環境まで事前に把握しておくことも大切な要素になるでしょう。次に予算やグレードを選んでおけば農機具ショップに相談しやすいといったメリットがあります。また初めての方はインターネットを使った農機具ショップを利用して、自由に馬力やメーカーを探してみても選びやすいはずです。もちろん購入以外にも持っている作業機を売ることもできるので、古いトラクターを下取りに出して新しくトラクター(新品や中古)を購入できるのもお勧めの理由になります。まずは各農機具ショップのホームページをチェックして、どのような作業機を取り扱っているのかを確認してみてください。インターネットを使えば人気の作業機などを簡単に確認することができるので、初心者でも購入・売却がしやすいというメリットがあります。こちらの方法をチェックすれば、中古トラクターを手軽に探すことができるはずです。

さまざまな用途に使える

作業員

大規模な農業を行うさいに欠かせないのがトラクターです。トラクターといってもそのサイズはさまざまで小型で小回りの効くものから大型で大馬力でパワフルに田畑を走行できるものなどがあります。また牽引だけを行うトラクターもあれば、農機具を搭載したものもあります。小型トラクターの場合には後部にローターを取り付けて主に耕起に使われますが、大型のものはあとから後部に取り付けるのが主流です。後部に取り付けることで作物を植え付ける前の耕起を行うほか、収穫時の刈り入れなども行うことができます。このため大規模な農業を行う上では大型トラクターの存在は欠かせません。一方でトラクターといっても、新車で購入するには相応の費用が必要です。新車の場合には小型でも50万円はしますし、大型となると100万円を超えてきます。このため中古を選択肢として選ぶ人も居ますが、中古市場としてはそれほど大きくなく地域差が大きいものといえます。理由としては1台のトラクターで広範囲の作業が可能であるため中古の需要が広く浅いためです。また中古では選択肢が限られるので、購入するさいには注意が必要です。馬力や2WD、4WDといった駆動方式の選択は重要でせっかく中古で購入しても、使い物にならないケースもあります。またトラクターは車検が存在しませんから、中古では前のオーナーの機械に対するメンテナンスの姿勢もコンディションに大きく影響します。このため中古では実車を確認して不具合がないかを確かめるなどの作業が重要になってきます。

海外での需要も増加傾向

電卓とお金を持つ人

農業をするうえで欠かせないのがトラクターです。農地は種や苗を植える前に肥料をまいて耕すことが必要で、収穫が終わった後にも来年のため耕さなければなりません。この時、最も役に立つ農機具の代表がトラクターなのです。トラクターは馬力とキャビンの有無によって価格が大きく変動しますが、新車価格は20馬力で300万円、30馬力で450万円前後が一般的で、高出力の60馬力以上になると1000万円近くという高額なため、中古であっても高値で取引されます。トラクターは購入後長期に渡って使用することが多いため、中古市場に在庫が少ないことや、主にディーゼルエンジンを使用しているため耐久性が高いことから年式の古いものでも買取や販売を行っている業者が多いのです。また、日本製の中古トラクターは海外で高い人気があるのが特徴で、特に東南アジアでは20年、30年落ちのトラクターでもすぐに売れてしまうほどの人気です。更に経済的に豊かでない国では修理のための部品の流通も盛んなので、壊れたトラクターでも分解して部品として輸出する業者も多くなっています。日本国内では農家の高齢化による廃業や、若者の農業離れなどで農業人口が少なくなる傾向にあります。使われなくなったトラクターは、それを必要としている日本を始め世界中の人々に再利用されることが望ましいのです。今後も中古トラクターの買取と販売の需要は高いまま推移していくと予想されています。