中古トラクターでも問題なく買取を行なうことが出来ます

農機具が必要なら

購入や売却の際には

トラクター

畑の耕作やその他の農作業を行う際には、トラクターが必須です。農業を始める場合や買い替えの際には、予算や要求スペックといった観点から中古を購入する選択肢もあります。トラクターには大きさやパワーの異なる様々な機種があるため、中古市場にも多彩なラインナップが存在します。ですから選ぶ際には、使用する畑の大きさや栽培する作物に合った機種を選ぶことが重要です。中古市場には展示会などを行って実機を販売する店舗の他、インターネットによる販売サイトも数多くあります。お目当ての機種がなかなか見つからない場合には、ネットで調べてみることも有効な方法です。一方、これまで使っていたトラクターを売りたい場合にもネットが活用できます。中古の販売買取を手掛ける会社のサイトの中には、海外輸出を扱っている所もあります。日本製のトラクターは海外でも高く評価されているため、こうしたサイトで相談すれば多少古くても輸出用として買い取ってくれる場合があります。トラクターは保管方法やメンテナンスに気を配ることによって、買取の際により高い値がつく可能性が高まります。現在使用していない場合でも、できれば屋根付きの倉庫で保管することが望まれます。また、数か月に一度エンジンをかけておくと、エンジンの調子をある程度維持することができます。トラクターの耐用年数は乗用車と比較しても長いので、売却を考える場合、なるべく価値を減らさないように使用することが大切です。

廃棄するよりも買取を

作業員

もう使わなくなったトラクターが倉庫に眠っているのなら、農機具専門の業者に買取をお願いしましょう。中古のトラクターは需要が高いので、動かない状態のトラクターでも買い取ってもらえる確率は高いです。特に馬力のあるトラクターは高値がつきやすい傾向があるので、もし動かないとしても廃棄するより買取業者に買い取ってもらいましょう。また、馬力のないものでも高値とは言えませんが、値がつかないことはまれですので、査定してもらいましょう。査定を依頼するときは、複数の買取業者に依頼してどれくらいで買い取ってもらえるのかを知っておきましょう。もしくはインターネットには、査定を簡単に複数の業者に依頼できるWEBサイトもあるので、そのようなサイトを活用して査定してもらうのもいいでしょう。ただ、面倒だからと1つの業者だけに査定依頼をして、その業者の言い値で買取をお願いしてしまうと、あとから後悔する可能があります。持っている中古のトラクターの買取相場を知るためにも、面倒がらずに複数の業者に依頼しましょう。複数の業者に査定依頼したほうがよい理由には、中古のトラクターは買取価格が他の買取に比べると金額が大きくなりやすいからです。少しでも買取額をアップさせたいと願うときは、複数の業者に査定を依頼して比較したほうが高値で売却しやすいでしょう。農機具専門の買取業者が、年式の古く販売するのも難しい中古のトラクターでも買い取る理由には、解体して部品としても販売できるからです。東南アジアでは日本製のトラクターは人気があり需要もあるので、日本で販売できない状態のものはこれらの国々に輸出されています。これらの国々では、新品のトラクターは高くて手が出ないものの中古なら購入できるからです。

基本項目チェックが必須

自然

トラクターは、作業機を実装すると様々な作業に使える機械で、農家にとっては必需品の農機具です。農業の規模拡大が進むにつれて大型化していく一方、兼業化すすんでいて、小型の需要も根強くあります。このように、トラクターは経営規模の大小にかかわらずニーズがあるのですが、新車の場合、本体価格が高価なために、農産物の価格が低迷して農業経営の所得確保が難しい最近の状況では、中古トラクターへの需要が大きくなっています。中古トラクターは、農家同士での個人取引、農機具メーカーの展示場、インターネットオークション等において手に入れることが出来ます。トラクターは、定期的にオイル交換や点検による部品交換などのメンテナンスを行い大事に使うと、もともと過酷な環境に耐えるよう頑強に作ってあるので、30年以上の長い間使うことができます。中古トラクターを購入する場合、状態が良いものを見つけることができればトラブルなく使うことができ、非常にお得に入手することが出来ます。中古の相場は、本体価格1000万円以上となる100馬力程度新車より3〜5割程度安い価格なので、金額とすると数百万円と大きな節約となります。どの物件を選ぶか検討する時は、価格が安いのは持ちもちろんですが、価格だけではなくエンジンの音やオイル漏れ、アワーメーター等の基本的なチェック項目を必ずチェックしましょう。可能であれば、実物を見るとともに、実際にエンジンをかけて音に不自然な動きが無いか確認しましょう。